登録農薬

アルムグリーン

alm-green
alm-green
alm-green
alm-green
  • 葉面散布用
  • かん水用
  • 液状タイプ
  • 農薬登録

漢方生薬で日本唯一の農水省農薬登録を取得

photo
国内で唯一、漢方生薬発酵熟成液で農水省の農薬登録を取得した農材。植物生長調節剤として芝・バラ・イチゴで取得。
発根促進、健康育成を安心・安全に進めます。
有機JAS認定。

こんな時に

  1. 発根促進(さし木・育苗など)
  2. 健康育成(育苗期、成長期)

特徴

  1. 12種類の漢方発酵液が、根張りの強い健康な植物体を作ります。
  2. 芝の発根力を 高め、成長を促進します。
  3. バラの挿し木に強い発根力を発揮 しま す。
  4. イチゴ育苗期の根づくり や、クラウンの肥大を促進します。
  5. 全て天然物なので人や環境を汚しません。

標準使用法

目的 方法 稀釈倍率 希釈倍数
芝(高麗、ベント) 根の伸長促進
通期
潅水・散布 500~1,000倍稀釈で
1L/㎡
16回以内
バラ 挿し木の発根促進 茎葉散布 500~1,000倍稀釈
10-20ml/株
5回以内
イチゴ 初期育成の促進 土壌潅水 500倍希釈
200ml/株
8回以内

<西洋芝>

photo
散布量:1~2回/月 2cc/㎡(1,000cc)

芝の発根試験(自社試験)

本当に元気な芝は、見えないところが違います。だから病気や虫に強い!

長く、量の多い毛根を作る事で地上部が元気になり、コース管理のコストが軽減できます。

  • photo
    対照区
  • photo
    施用区
    2ml/㎡ 4月5・19・30日 3回散布

成分

  1. 生薬抽出物(ベルベリン・マトリン等アルカロイド)
  2. 低分子有機酸
  3. 植物性乳酸菌
  4. 野生酵母菌
  5. アミノ酸
  6. 核酸類
  7. ビタミン類

よくある質問

アルムグリーン (7)

アルム農材の活性材は、ベースとなる原液がすべて12種類の生薬発酵抽出液です。他の商品はそれぞれの目的に合わせて適した有機原料をブレンドしてあります。保護材である「アルム凛」には抗菌成分の高い生薬の濃縮エキスが、高い割合で配合されています。

弊社で最初に開発されたのが「アルムグリーン」です。この製造ノウハウが全ての漢方活性材のベースとなっています。より汎用性があり法的な縛りがないのが「アルム純」で、一番の違いは濃度です(アルムグリーンは基本500倍希釈に対してアルム純は1000倍希釈です)。

よりコンパクトで価格もお安くなっております。

鉢植えの土づくりについて

有機での土づくりは、基本となる資材が「OKY-999」です。

鉢土をリサイクルされる場合は3:1の割合(「OKY-999」:「Dr.放線菌」)でご使用いただくと土の善玉菌が増えて、より一層早く良い土づくりができます。

使用量は土1Lに対して「OKY-999」を1.5g(約10粒)、「Dr.放線菌」を5g(約20ml=大さじ山盛り一杯くらい)以上が目安の量ですが、天然原料の有機資材ですので、多少があっても問題はありません。

アルムグリーン

「アルムグリーン」は発根促進、健康育成がメインの農薬登録品(植物生長調節剤として芝・バラ・イチゴで取得)です。農薬登録品は対象作物以外には使用できません。バラについては挿し木の発根促進が対象となっております。

アルム凛

「アルム凛」は抗菌成分の高い生薬が原料の保護材です。

予防的な使用で効果を発揮しますので、気温が上がってくる初夏あたりから定期散布をお勧めします。その場合は葉の裏面まで満遍なく行うとより効果的です。

アルム純

「アルム純」はアルムグリーンと近いものですが、濃度が若干高くコンパクトで価格もお安くなっております。農薬登録品ではないのであらゆる植物やステージに使うことができます。

アルム顆粒恵

「アルム顆粒恵」は、漢方生薬発酵液を珪藻土焼成粒に含侵させたもので、潅水(水やり)のたびに少しずつ染み出して効果が続く(約1か月)ことと、珪藻土の土壌改良効果がダブルで得られる資材です。使用するときは漢方生薬発酵液が揮発しないよう覆土が必要になります。

アルム農材をご家庭のバラにご使用になる場合

新植するときや植え替えの時は「アルム顆粒恵」を植穴に一つまみ入れてやると、初期の活着が促進されます。同時に「アルム純」を定期的(10日~2週間に1回)に潅水することでしっかりした根ができてバラの活性が続きます。

完全有機では難しいとされるバラですが、アルム農材で薔薇の基礎体力を上げて病気にかかりにくくすることができますし、健康な状態を長く維持することができます。ぜひ元気な美しいバラを長く楽しんでいただけるよう、アルム農材をご愛用ください。

弊社の商品ではその通り「アルムグリーン」と「アルム純」が向いています。

この2つの違いは以下の内容となります。「アルム純」・「アルムグリーン」は、ロックウール等の人工培地(溶液栽培の場合)などではどちらも施用実績があります。両商品の使い分けは、生産現場での点滴であるか通常のチューブであるかの違いです。点滴の場合は「アルムグリーン」が向いています。「アルム純」は「アルムグリーン」に比べ成分濃度が高いため、しっかり希釈・溶解させないとチューブの孔径によっては詰まるケースが考えられます(0.1ミリ以下の場合)。

通常の動噴潅水でしたら「アルム純」をご提案します。土耕で栽培される場合は微生物土壌改良材「OKY-999」を土壌混和していただくと良いですし、苗栽培でしたら「アルム顆粒」が適しています。

製品カテゴリー: アルムグリーン, アルム純

散布の開始時期としては梅雨明けの方が良いです。梅雨時期は雨量が多いので有効成分が流亡して効果が薄れがちになります。秋雨時期も同様です。

降雨時期の前ですと「アルム顆粒」5㎏(小サイズ「アルム顆粒 恵」300g)をエアレーション後の目砂に混和してご使用いただくケースもあります。こちらは漢方発酵熟成液を珪藻土に含侵させた顆粒タイプですので、施用後に雨が降っても少しづつ染み出ることで一定期間効果が持続します。特に近年の集中豪雨などの後はメンテナンスが重要で、エアレーションと共にアルムグリーンで根圏のケアが有効です。

製品カテゴリー: アルムグリーン, アルム顆粒

アルムグリーンは製造後3年の期限です。

アルムグリーンは農薬登録をしている資材です。
農水省の認可品ですからいろいろな決まり事があります。たとえば使用植物であったり、使用回数であったり、濃度に決まりがあったり、安全性の面からかなり厳しい制限があります。

ただ、アルムグリーンは殺虫・殺菌作用ではなく植物の生長に関与する「その他」の農薬カテゴリーです。漢方生薬(正式には混合生薬抽出液)で登録を取っているのはわが国ではアルムグリーンだけです。
自然の恵みを利用した、より安全な資材と言えます。

製品タグ: アルムグリーン

ご利用中のお客様

  • photo東京40まいる様

ラインナップ

  • photo1L
  • photo10L

ショッピング

商品の購入は下記からお願いします。

  • amazon店
  • Yahoo!ショッピング店
  • 楽天市場店

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥3,950(税込)

数量  

大口注文も受け付けています

大口は個別でお見積もり、ご注文を受付ています。
畑にどのくらいの割合で必要か?どの肥料が適切か?というご相談にもお答えします!
お気軽にお問い合わせください!

  • 電話
  • お問い合わせフォーム