アルム農材について | アルム農材

アルム農材について

  • HOME
  • アルム農材について

アルム農材
アルム農材について

アルム農材は30数年前より、人や環境を汚すことなく作物を元気においしくする豊かな農業のための有機資材を追求しています。
それが土壌分析から始める土づくりをベースとして、作物の持つ自然の力を無理なく引き出す漢方栽培です。

栽培品目も栽培方法も多岐にわたる農業においては、それぞれに適したステージで使用できる資材が必要です。最適な資材を最適な時期に、いつからでも取り入れていただくことができる、それはすべてが天然原料の有機JAS認定資材だから。

より一層の品質アップを目指すなら、土壌分析結果を元に、有機JAS認定のアルム農材を適切な時期に最小限使うだけで、コストを抑えながら、安全に確実な成果を挙げることができます。

1.まず最初に土から見つめなおす 土壌診断

圃場の土は、植える作物や使用する資材によって年々変化していきます。カンだけに頼っていては、ある日突然作物が育たなくなることもあります。特に有機栽培においては、年々投入する有機資材によって硝酸態窒素が加速度的に増えていたという事例も多く、有機だから、減農薬だから、と安心できないのが現実です。

まず数値で把握する土壌分析を行い、これを本来その地域の土壌が持っている性格に照らし合わせる土壌診断を行うことで、土づくりの適切な方向性が数値で把握できます。投入資材が必要のない場合も少なくありません。最適な施肥設計によって資材を最小限に使用することは、コスト削減だけではなく、実は高品質の作物づくりにとっても、引いては環境にとっても非常に大切なことなのです。

アルム農材

2.土を肥沃にする 有機土壌改良材

アルムの土壌改良材は、近年深刻化する土壌病害に、薬剤ではなく天然の有機資材で対応するために開発されました。

★「OKY-999(オーケーワイ-スリーナイン)」は、質の良い天然原料でバランスの良い土壌微生物が、土の団粒化をすすめ肥沃な圃場を作ります。主な微生物は乳酸菌、放線菌、酵母菌、光合成細菌です。

★「Dr.放線菌」は、病害の中でも多いフザリウム菌に抵抗性の強い放線菌を独自に同定培養し、高密度の天然資材として完成させた、フザリウム病害専用の有機微生物資材です。 この2つは、栽培の基本となる大切な土づくりに貢献します。

アルム農材

3.根を豊かにする 有機発根促進材

アルムの発根促進材は、12種類の漢方生薬を熟成発酵させて作った低分子有機酸と微生物が、植物ホルモンとして働く優れた天然発根促進材です。美味しい作物をたっぷり収穫するための原点は、「根張り」にあると言っても過言ではありません。
特に、苗半作と言われる苗づくりと定植、と言ったごく初期において、その働きは最大の効果を発揮します。
★「アルム顆粒」は、苗床や圃場づくりに。
★「アルム純」は、潅水や葉面散布に。
2つの資材が健康な作物の根づくりを確実にします。

アルム農材

4.成長を促す 有機肥料

アルムの有機肥料★「畑の美食」は、N7・P4・K2・Mg1。
魚由来のアミノ酸、核酸、ビタミン、多糖類、ミネラルなどを多量に含んだ天然で質の高い肥料です。
その成分は、ペプチド態のチッソ、有機リン酸、イオン態のカリで、充分に発酵させているため効き目が早く、作物の旨味や色つやが格段に向上します。
又、硫酸根や塩素を含まない天然成分なので、土壌のpHバランスを崩す心配がありません。

アルム農材

5.美味しさをつくる 有機栄養材

アルムの栄養材は、漢方の発根促進材をベースに質の良い有機成分を配合したユニークで使いやすい資材です。根張りが旺盛になり吸収力が高まるため、配合した栄養成分の出現が早いのが特徴です。
★アルム「真(しん)」はミネラルを、★アルム光(ひかり)」はアミノ酸を配合しており、それぞれ適切な栽培ポイントで効果を発揮します。
天候不順への対応が必要とされる、これからの栽培に適した資材です。

アルム農材

6.植物を守る 有機保護材

アルムの保護材★「アルム凛(リン)」は、強力な保護機能を持つ高濃度生薬エキスを12種類の漢方発酵液に配合した、天然の保護材で、同時に植物の免疫力を強化します。
又、病害の原因に耐性がつかず、農薬との併用・混用で減農薬栽培を進めることができるのも大きな特徴です。
特にハウス栽培での静電噴霧器による施用は、少量でも抜群に保護効果が高まります。

アルム農材

7.日本で唯一漢方で出来た 有機農薬

アルムの有機農薬★「アルムグリーン」は、アルム農材の基本となる資材で、最初に開発されました。
全国数カ所での数年にわたる圃場試験において、稀釈する濃度によって植物の成長に調整効果が認められることや、メダカやミジンコなどに対する魚毒性や残留性など、様々なテストを経て農林水産省の農薬登録を取得しています。
※但し、使用対象は芝、薔薇、イチゴに限られます。

アルム農材