よくある質問

アルム農材についてのよくある質問一覧です。
こちらでわからない場合は、お問い合わせからご質問ください。

家庭菜園について (3)

初めてトマトを栽培する場合に、園芸店などで苗を購入するときのポイントをご紹介します。
1.全体的に葉の色が濃くないもの、または黄色っぽくないもの。
2.生長点(新葉が出てくるところ)が薄い緑で優しい色のもの。
3.できればポットから抜いて根が白くびっしり(気持ち悪いくらい)張っているもの。
4.全体的に産毛がたくさんあるもの。

アルム農材で欠かせないものは、アルム恵です。
定植後7日経ってから200~300倍で潅水してください。

製品カテゴリー: 家庭菜園について, アルム恵
製品タグ: アルム恵, トマト

菜園の広さにもよりますが、多分すし詰め状態で栽培されているのではないでしょうか。
畝の距離や株間は十分に取らないと生長が不十分になり、通気や日照にも影響が出ます。
特に夏の果菜は株間は十分に取る必要があります。

また苗の選別も重要です。健康な苗を購入してください。
葉色はやさしい緑色で黄変していないもの、徒長していないもの、株がしっかりしていて白根が多いものです。
また移植は植物にとって環境が大きく変わり、かなりのストレスがかかります。早い活着や発根を促進するためにアルム恵とアルム純の施用をお勧めします。低分子有機酸は吸収根の伸張を促進し、漢方生薬成分が植物の保護機能を高めます。
減農薬・無農薬の自家農作物を目指せます。

ベランダや庭先でのプランター栽培は簡便で親しみやすいものですが、狭い環境で育てるので水・肥料の管理はこまめにやる必要があります。

プランターの場合、往々にして密植になりやすいので、こまめな間引きをして根の伸張をしやすく、風通しを良くし、光がまんべんなく当たるように心がけてください。

アルム恵を1Lの培土に対して5g入れてよく攪拌してから播種してください。発根と発芽を促進するとともに、生薬成分が根の病気から保護してくれます。播種と同時にアルム恵を散布してもよいでしょう。

あとは水やりのときにアルム純を一緒に施用してください。根と地上部をバランスよく生長させるとともに病害からの保護も可能です。

製品タグ: アルム純, 害虫, アルム恵

アルム純 (2)

菜園の広さにもよりますが、多分すし詰め状態で栽培されているのではないでしょうか。
畝の距離や株間は十分に取らないと生長が不十分になり、通気や日照にも影響が出ます。
特に夏の果菜は株間は十分に取る必要があります。

また苗の選別も重要です。健康な苗を購入してください。
葉色はやさしい緑色で黄変していないもの、徒長していないもの、株がしっかりしていて白根が多いものです。
また移植は植物にとって環境が大きく変わり、かなりのストレスがかかります。早い活着や発根を促進するためにアルム恵とアルム純の施用をお勧めします。低分子有機酸は吸収根の伸張を促進し、漢方生薬成分が植物の保護機能を高めます。
減農薬・無農薬の自家農作物を目指せます。

ベランダや庭先でのプランター栽培は簡便で親しみやすいものですが、狭い環境で育てるので水・肥料の管理はこまめにやる必要があります。

プランターの場合、往々にして密植になりやすいので、こまめな間引きをして根の伸張をしやすく、風通しを良くし、光がまんべんなく当たるように心がけてください。

アルム恵を1Lの培土に対して5g入れてよく攪拌してから播種してください。発根と発芽を促進するとともに、生薬成分が根の病気から保護してくれます。播種と同時にアルム恵を散布してもよいでしょう。

あとは水やりのときにアルム純を一緒に施用してください。根と地上部をバランスよく生長させるとともに病害からの保護も可能です。

製品タグ: アルム純, 害虫, アルム恵

アルム恵 (3)

初めてトマトを栽培する場合に、園芸店などで苗を購入するときのポイントをご紹介します。
1.全体的に葉の色が濃くないもの、または黄色っぽくないもの。
2.生長点(新葉が出てくるところ)が薄い緑で優しい色のもの。
3.できればポットから抜いて根が白くびっしり(気持ち悪いくらい)張っているもの。
4.全体的に産毛がたくさんあるもの。

アルム農材で欠かせないものは、アルム恵です。
定植後7日経ってから200~300倍で潅水してください。

製品カテゴリー: 家庭菜園について, アルム恵
製品タグ: アルム恵, トマト

菜園の広さにもよりますが、多分すし詰め状態で栽培されているのではないでしょうか。
畝の距離や株間は十分に取らないと生長が不十分になり、通気や日照にも影響が出ます。
特に夏の果菜は株間は十分に取る必要があります。

また苗の選別も重要です。健康な苗を購入してください。
葉色はやさしい緑色で黄変していないもの、徒長していないもの、株がしっかりしていて白根が多いものです。
また移植は植物にとって環境が大きく変わり、かなりのストレスがかかります。早い活着や発根を促進するためにアルム恵とアルム純の施用をお勧めします。低分子有機酸は吸収根の伸張を促進し、漢方生薬成分が植物の保護機能を高めます。
減農薬・無農薬の自家農作物を目指せます。

ベランダや庭先でのプランター栽培は簡便で親しみやすいものですが、狭い環境で育てるので水・肥料の管理はこまめにやる必要があります。

プランターの場合、往々にして密植になりやすいので、こまめな間引きをして根の伸張をしやすく、風通しを良くし、光がまんべんなく当たるように心がけてください。

アルム恵を1Lの培土に対して5g入れてよく攪拌してから播種してください。発根と発芽を促進するとともに、生薬成分が根の病気から保護してくれます。播種と同時にアルム恵を散布してもよいでしょう。

あとは水やりのときにアルム純を一緒に施用してください。根と地上部をバランスよく生長させるとともに病害からの保護も可能です。

製品タグ: アルム純, 害虫, アルム恵