青がれ病が発生してしまった土の土壌消毒につかえますか? プランターの土は捨てようと思っていましたが、再利用できるならありがたいです。

「Dr.放線菌」は土壌を消毒できる資材ではなく、フザリウムなどに抵抗性のある善玉菌(放線菌)を増やしていく資材です。有機資材ですので、基本的には土の入替えが難しい畑地を、少し時間をかけながら安全に改善していくためのものになります。プランター栽培の場合は、新しい土に入替えされる方が早くて確実だと思います。

 

又、プランター自体も菌が付着していると思われますので、水の中に約2週間ほどつけておき、嫌気状態にして菌を死滅させるか、古いプランターですと新しいものに変えられる方が良いかと思います。

 

なかなかやっかいな菌なので、ご面倒ですがリセットされることをお勧めいたします。

製品カテゴリー: Dr.放線菌
製品タグ: 青枯れ病

関連記事一覧