アルムグリーンとアルム純が近いものとの事ですが、農薬登録されているか否かということの他は大きな違いはありませんか?

弊社で最初に開発されたのが「アルムグリーン」です。この製造ノウハウが全ての漢方活性材のベースとなっています。より汎用性があり法的な縛りがないのが「アルム純」で、一番の違いは濃度です(アルムグリーンは基本500倍希釈に対してアルム純は1000倍希釈です)。

よりコンパクトで価格もお安くなっております。

製品カテゴリー: アルム農材について, アルムグリーン, アルム純
製品タグ: アルムグリーン, アルム純

関連記事一覧