ゴボウのリゾクトニア菌の害に悩まされています。「Dr.放線菌」のゴボウへの使い方を教えてください。

近年、ゴボウに限らず他の農産物でもリゾクトニアは蔓延しつつあります。

まず、リゾクトニアの特徴は以下の通りです。

・弱酸性の土壌で発生しやすい(酸性土壌だと出にくい)

・生息深度はフザリウムより深い(0~40センチくらい)

・土壌水分が乾燥気味で発生しやすい

対策としては、

1、未熟有機物はリゾクトニア菌の原因となるため使用しない。

2、湛水処理が可能であればできるだけ実施する。

3、土壌pHを5.5~6くらいで管理する。

アルム農材アルル

アルム農材広報担当者。

晩年ダイエッター。

玉琢かざれば器を成さずの精神で。

製品カテゴリー: 家庭菜園について, Dr.放線菌
製品タグ: Dr.放線菌, ゴボウ

関連記事一覧