酒井農園 | アルム農材

酒井農園

酒井農園

レンコン
徳島県

害虫対策に注力し品質の高いレンコンをつくる
Review

害虫対策に注力し、品質の高いレンコンをつくる

酒井農園はレンコンの専業、極早生から晩生種まで大よそ8~9か月栽培・出荷。
レンコンは水生植物のためほぼ一年中湛水状態にある。
ここでは地力の確保とともに病害虫の対策に注力し、品質の高いレンコンを生産。

Dr.放線菌で障害を抑制

鳴門でのレンコン収穫は圃場のニスを抜いて、重機による荒起しから始まります。(佐賀や土浦では水を抜かないで水圧で収穫します)収穫後葉茎部の残差をしっかりと分解させることが重要です。それをしないと腐敗菌が出たり、ガスの発生で地下茎に悪影響が出てきます。

障害の発生を抑えるため、Dr.放線菌を投入。Dr.放線菌は放線菌の菌密度と繊維質の分解(葉茎の繊維質)能力が優れており、病原性糸状菌(特にフザリウム)の分解能力が高いので、高い効果を期待できます。

当初はOKY-999を利用していたが!

OKY-999にも放線菌は存在していますが、有用微生物資材としての土壌改良が目的の農材だとわかりました。

Dr.放線菌は単一菌資材であり自分たちの思いを、より叶える資材に出会えたことに感謝しています。
最盛期を迎えている特別栽培のレンコン農園を訪問。

鳴門レンコンは色白でシャキシャキと歯切れが良く、柔らかい口触りが特徴の長レンコン。関東をはじめ、全国的には丸いダルマレンコンが主流だが、ここ徳島県では古くからある長い品種である備中種。

緻密で硬い良質の粘土質土壌で、しかも深いところに出来るので、関東などで主流の「水掘り」ができず、重機を使いながら、傷つかないよう注意深く一本一本手作業で掘って収穫される。
丹精込められたレンコンは美しい。

まとめ

Dr.放線菌
Dr.放線菌を使用
障害の発生を抑えつつ、収穫までの土壌環境を安定的に整えてくれ、そのため地下茎に十分な酸素が供給されており色白のレンコンが収穫できる。