土壌改良材

Dr.放線菌(ドクターホウセンキン)

dr-housenkin
dr-housenkin
dr-housenkin
  • 土壌混和散布用
  • フレークタイプ
  • 有機JAS

安心してお使いいただける有機微生物資材です有機JAS適合品

photo
土壌病害の中でも特に問題となるフザリウム菌に、強い拮抗性のある放線菌を自然界から選別し、独自の製法で10の9乗以上の密度で製品化しました。

  1. 放線菌が2.5×10の9乗 (分析値)含まれています。
  2. 土壌の悪玉菌を抑えます。
  3. A/F値、B/F値を高め、土壌中の静菌効果を高めます。
  4. 土壌の有用微生物を増やし、保肥力を高めます。
  5. 作物の繊維作りに効果を発揮します。

こんな時に

  1. 土壌病害が蔓延した圃場の回復に
  2. 連作障害の予防に

使い方

  1. 健全な圃場の場合は10a当り4~5袋。
  2. 障害が出やすい圃場の場合は10a当り5~10袋。
  3. 完全発酵堆肥と一緒に投入すると効果的です。
  4. 投入後、直後から定植、播種が可能です。
  5. アスパラなど永年作物で土壌混和できない場合は、放線菌が直射日光に弱いため、表土1~2㎝程度の厚さで施用してください。
  6. マルチとして使用する場合は、定植後、根回りに2㎝程度敷詰めてください。
  7. 直射日光や雨水の当たらない冷暗所に保管してください。
  8. 有機質100%なので開封後はすべて使い切ってください。
  9. 土壌消毒される場合は、ガス等が完全に抜け切った後使用してください。

成分

  1. 放線菌10の9乗
  2. C/N比(炭素率):20.7

ご利用中のお客様

  • photo酒井農園様

ラインナップ

  • photo20L

ショッピング

商品の購入は下記からお願いします。

  • amazon店
  • Yahoo!ショッピング店
  • 楽天市場店

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥1,980(税込)

数量  

大口注文も受け付けています

大口は個別でお見積もり、ご注文を受付ています。
畑にどのくらいの割合で必要か?どの肥料が適切か?というご相談にもお答えします!
お気軽にお問い合わせください!

  • 電話
  • お問い合わせフォーム