ルンビニ農園 | アルム農材

ルンビニ農園

  • HOME
  • ルンビニ農園

ルンビニ農園

コマツナ
広島県

50連作したが不作は無し。土の体力に注目したら結果が付いてきた
Review

50連作したが不作は無し。土の体力に注目したら結果が付いてきた

広島市北部でコマツナを中心に葉物野菜を年間通して栽培。
若手農業者@ランドグループのリーダー、ルンビニ農園の今田さんをお伺いした。

土作りに試行錯誤し挫折した過去

今田さんは、日本3大漬菜である広島菜産地の出身。両親の田畑とは別に新たな土地での農業を始め、コマツナ栽培で大きな成功を収めた。ハウス一面を埋め尽くすように育つコマツナの、シャンとした葉立ちが栽培技術の高さを示している。

そんなルンビニ農園で、独立し約2年たった頃、同じように作物を作っても、14~15作目でコマツナが全く育たなくなったのだ。

土に体力が無いことを痛感した今田さんは、さまざまな農業資材を試したという。土が弱るから、なるべく薬剤は使いたくない。最小限の資材で試行錯誤をつづけた。

紹介で出会ったアルム農材

土作りで試行錯誤の日々、ある人の紹介でアルム農材に出会った。

それからというもの、年8作のコマツナ栽培で、毎回作付けごとにOKY-999をたっぷり投入している。畑は休むことがないが、それでも収穫量など安定感が増した。さらに、病気は減り、その分食味も上がっている。

「もう50連作したが不作はなし。土壌消毒などの土への農薬はなしで行けるようになった」

と今田さんは誇らしげに言った。

成果が認められる日

コマツナは、鮮度の持ちが全く違うと評価され、東京の「成城石井」へも出荷されている。

また2019年3月、週刊ダイアモンドが特集する「儲かる農業」に中小キラリ農家として、全国第2位として取り上げられた。

今田さんは、現在、伝統野菜である広島菜の復活に熱く取り組んでいる。
鮮度長持ちが一目瞭然のコマツナ

左:ルンビニ農園  右:県内他農園

使用農材

OKY-999
OKY-999を使用
・OKY-999を投入することで、収穫量が安定し、病は減り、収穫量が上がった。
・食味も増している。
・時間が立っても鮮度が良い