今が旬の作物たち

元気で美味しいアスパラガスの秘密!  -アレロパシーを知って障害を防ごう-

原産地である南ヨーロッパでは紀元前から食用にされていたと言うアスパラガス。日本で食用に栽培され始めたのは明治時代。冷涼な気候を好むことから北海道開拓に伴って導入されました。

初春から芽を出すアスパラガスは、ニンニクや、ニラと同じユリ科に分類されますが、同じユリ科でも他の野菜と違うのは、地下茎が残ってタケノコのように毎年、若芽が出る多年生植物だというところ。

苗を植え付けてすぐには収穫できず、まず、2~3年かけて株を育ててから収穫が始まります。けれど同じ株からおよそ10~15年も収穫できてしまうと言う、ちょっと特殊な植物なのです。

アスパラガスは栄養的にも魅力的!

野菜としては豊富なタンパク質を含み、グリーンアスパラガスはビタミンや葉酸といった栄養素の他に、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が豊富です。

このアスパラギン酸は疲労回復に効果がある上、毒性を持つアンモニアを体外へ排出する働きがあって、しかも過剰摂取の問題がほとんどないという、とっても優秀で安全な野菜です。

食材としても、サラダ、天ぷら、炒め物など、どんな料理とも相性が良いアスパラガスは、しっかりとりたい野菜の一つですね。

アスパラガスが持つアレロパシーってなに?

 アレロパシーとは、植物が出す化学物質で、他の植物の成長を阻害したり促進したりする成分のことを言います。

このアレロパシー物質は、同じ場所に同じ作物や、同じ科目に属す植物の栽培を繰り返す事で、土壌中のアレロパシー濃度が高まり、結果的に自らの発芽を抑制したり、生育不全にさせてしまうのです。

アスパラガスは根からこのアレロパシー物質を分泌しています

何年もつくり続けるアスパラガスは自家中毒を起こしたり、病原菌を呼び込んだりすることになり、これが連作障害の一因でもあるわけです。

植え替えしなくても長年収穫し続けられるアスパラガスは、とっても経済的でカンタンと思ってしまいますが、こんな性質を知ってしっかりとケアしてあげないといけないデリケートな作物とも言えるのです。

アレロパシー濃度が高まると茎枯病が発生しやすくなります

アレロパシー濃度の高まった土の改良方法とは?

味と健康栽培にこだわる多くの生産者の方々が行っている土の改良方法とは、

まず栽培が続いた土の表面を薄く取り除き、「OKY-999」を均等に撒きます。その上に良質のたい肥をかぶせ、最後に表面に「Dr.放線菌」をたい肥マルチのように厚みをもたせて撒き、3つを層にします。

こうすることで、2つの資材の善玉微生物たちが豊かな根圏バランスを作り、アスパラガスのベッドをふかふか整えることができるのです。

そして、立茎前に「Dr.放線菌」をもう一度撒くことで、立ち枯れ病などの原因となる菌をりん芽から遠ざけることができます。

化学性の材料を一切使わず、すべて天然材料で作られたアルム農材は、年を追うごとに土の持つパワーをアップさせてくれます。

まっすぐにぐんぐん伸びるアスパラガスのエネルギーを、そのまま長く元気に、そして美味しく育てたいですね。

関連記事一覧