バラの活性剤について探しています。何となく「アルム純」が該当すると思いました。「アルムグリーン」も挿し木後の資材には使えると理解できましたが、育成するための普段使いには向かない気がしました。バラのために資する資材を改めてご紹介ください。

弊社の商品ではその通り「アルムグリーン」と「アルム純」が向いています。

この2つの違いは以下の内容となります。「アルム純」・「アルムグリーン」は、ロックウール等の人工培地(溶液栽培の場合)などではどちらも施用実績があります。両商品の使い分けは、生産現場での点滴であるか通常のチューブであるかの違いです。点滴の場合は「アルムグリーン」が向いています。「アルム純」は「アルムグリーン」に比べ成分濃度が高いため、しっかり希釈・溶解させないとチューブの孔径によっては詰まるケースが考えられます(0.1ミリ以下の場合)。

通常の動噴潅水でしたら「アルム純」をご提案します。土耕で栽培される場合は微生物土壌改良材「OKY-999」を土壌混和していただくと良いですし、苗栽培でしたら「アルム顆粒」が適しています。

アルム農材アルル

アルム農材広報担当者。

晩年ダイエッター。

玉琢かざれば器を成さずの精神で。

製品カテゴリー: アルムグリーン, アルム純
製品タグ: アルムグリーン, アルム純, バラ

関連記事一覧